メニュー

技術資料(防音室の構造) - 久米田工房 奈良・大阪・京都  防音室工事・リフォーム・新築

日本音響材料協会会員

〒630-0133 奈良県生駒市あすか野南1-2-2

tel:0743-86-4750

対応エリア: 奈良県・大阪府・京都府南部その他エリアはご相談ください。

技術資料(防音室の構造)

TECHNOLOGY

防音室の壁の構造

遮音性能に大切な要素はザックリ表現すると”重さ”と”厚さ”という事になります。

音の伝播は空気の振動ですので、軽い壁は簡単に影響を受けてしまい、

壁の反対側へ音が抜けてしまいます。

 

「高い音」はに関しては、これで比較的簡単に遮音効果が得られますが、

「低い音」はこれだけでは抑えられません、

”重さ”のある壁に”厚さ”(2重・3重壁)を持たせることで、

低音から高音までカバーできる遮音壁にすることが出来ます。

 

重い壁は、1階に施工するならば可能ですが、

壁を厚くするのには住宅では限度がありますので、

最低必要な有効寸法を取るために、

要望される事の優先順位を決めて、

折り合いの付く所を探って行くことになります。

 

当社の防音工事では、重さに関しては、

石膏ボード(建材の中で一番安価で重量がそこそこある)を重ね張りをしています。

出来る事ならば、空気層を約20㎝取り、二重壁にし、

余裕があるならば、更に空気層を10㎝取り3重壁にします。

そこまですれば、ドラムセットの音でもほぼほぼ聞こえなくなります。

 

壁厚を取ることが難しい場合には、

壁の重量(鉛ボード等使用)を増したり、

空気層に充填する吸音材の密度を高くして、

薄い壁でも少しでも遮音効果を高くする方法等を提案しています。

 

断面図3重壁

防音室の天井の構造

当社施工の防音工事の天井の施工方法をご紹介します。

 防音室内の天井は2重又は3重とし、上階から縁を切って施工します。

 

 

①防振ゴムを使用した吊り天井工法

天井下地を躯体から引き下ろした防振ゴム(重量から選定)で吊り、

上階から縁を切って施工します。

比較的大きな室の工事に適します。

 

断面図吊り天井

 

 

②防振ゴムを使用しない飛ばし下地工法

防振ゴムは使用せず、壁から壁へ下地を渡し、

躯体には全くつながない工法。

比較的小さな室の工事に適します。

 

断面図飛ばし天井

 

 

 

 

防音室の床の構造

当社施工の防音室工事の代表的な床の施工方法をご紹介します。

防音室内の床は2重床とし、ベタ基礎や、FLなどから縁を切って浮かせるようにして施工します。

 

 

①防振ゴムを使用した湿式工法

コンクリートスラブを防振ゴム(重量から選定)で浮かしてGLと縁切りすることで、

浮スラブから躯体へ振動を伝えないようにします。

一戸建て住宅等の1階の施工時に使用する工法です。

 

 

図面湿式床

 

 

②防振ゴムを使用した乾式工法

木組床を防振ゴム(重量から選定)で浮かしてGLと縁切りすることで、

浮床から躯体へ振動を伝えないようにします。

テナントや、マンション等、総重量に上限がある場合に使用する工法です。

 

 

図面乾式床

その他、湿式グラスウール工法や、簡易防振ゴム工法など、重量の制約や予算などにより、

物件に合ったご提案をさせて頂いています。

  

  

組立動画

 

 

 

 

新規使用材料のテスト

新規使用材料の遮音性能テスト

用途に合わせて適温性能テストを行います

「防音室」は目的や用途によって必要な遮音性能に違いがあります。

当社ではお客様の利用用途に合わせた、理想の防音室施工できるように、専用機器を使い、数値を測定します。